地域の花酵母たち

日本の都道県には、それぞれの地域の花がシンボルとして制定されています。例えば、長野県千曲市は「あんず」です。

千曲市によれば、

「あんずの里として全国的にも知名度が高い。宇和島藩主伊達宗利侯の息女豊姫が松代藩主 真田幸道侯に輿入れする際に持参したと伝えられるように、歴史的にもゆかりがある。
あんずの花が地域一帯に賑やかに美しく咲くところは他にはない。信州の山里の風景を強くイメージさせる。美しさに誘われ写生に訪れる人も多い。」

このように制定理由が紹介されています。

「あんず」の花言葉は「乙女の恥じらい」「早すぎた恋」だそうです。

このように、地域の花と花言葉は「花酵母」の由来として大変興味のあるものです。

 

yastanaka

ベーカリーイノベーション研究所

あわせて読みたい

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ツールバーへスキップ