パンとオリーブオイル

先月末にオリーブが有名な、岡山県牛窓へ行ってきました。

ちょうどオリーブ収穫祭ということで、オリーブに関する出店やセミナーがあり、オリーブを満喫することができました。

その中でもオリーブがたっぷり入ったパンは、人気で大行列ができていました。

オリーブといえば、やっぱりオリーブオイルが身近ですよね。

オリーブオイルは、お料理を作るときはもちろん、バゲットなどを食べるときにお塩と一緒にかけるなど大活躍です。

オリーブオイルって油だし、あんまり摂らない方がいいのでは!?と思う方もいるかもしれません。

しかし、オリーブオイルはサラダ油などとは違い、カラダにいいことだらけなのです。

 

よく知られているのが動脈硬化予防ではないでしょうか。

他にも、女性には嬉しい便秘解消の役割もしてくれます!

オレイン酸やリノール酸、リノレン酸などしっかりと含まれているので、骨の形成や子どもの発育にも効果があるそうです。

 

そんなオリーブオイルですが、バケットや食パンなどに合わせる場合は香りの強いエクストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実の一番搾りなので、オリーブオイルと比べるとお値段は少し高いです。

しかし、香りを比べると全く違います!

以前、レッスンで生徒さま一人ずつに嗅ぎ比べていただきましたが、みなさん香りの違いに驚かれていました。

機会があれば、みなさんもぜひ比べてみてくださいね☺

 

そして、オリーブオイルの香りをしっかり楽しみたい!という方。

オリーブオイルを小さな器に入れて、手で器を覆い体温で温めてみてください。(陶器などを使用する場合は、あらかじめ手で覆い冷たくない状態でオリーブオイルを入れましょう。)

だいたい28度くらいで、オリーブオイルの香りが1番感じられます

片手で器を蓋し、30~1分ほど温めた後に鼻元で蓋を開けるように手を離すと、フルーティな香りがしました。

これをパンにつけて食べると、いつものパンがさらに美味しく感じられるかもしれませんね。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. ATSUMI より:

    今度エクストラバージンオリーブオイルを温めた器に入れて、香りを楽しんでみます♪

    • CHIHIRO.I より:

      この方法を教えてもらったときは、ほんのちょっとした工夫だけで、こんなにも香りが違うのかと驚きでした。
      ぜひ試してみてください☺

  2. yastanaka より:

    素晴らしい情報ありがとうございます!今日仕入れた情報ですが、オリーブオイルは油脂の分類では、不飽和脂肪酸の一価不飽和脂肪酸で、説明された通り「オレイン酸」や「リノール酸」、「リノレン酸」が含まれており、悪玉コレストロールのみを低下させるそうです。また、パンをオリーブオイルに浸けて食べると、血糖値の上昇が穏やかになるそうです。バージンエクストラオリーブオイル万歳!

    • CHIHIRO.I より:

      油なのに体にいいことだらけですね!オリーブオイルの種類によっても風味が全然違うので、パンを食べるときの楽しみ方が増えますね。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ツールバーへスキップ