ピザとワインを合わせる

ピザとワイン。王道な組み合わせですが、これについて少しお話したいと思います。

パンとワインのペアリングなので、ピザもバゲットのピザにしたいと思います。

まず、ワインは少し重めのカベルネ・ソーヴィニョンに合わせてみます。
渋みのあるワインなので、ベーコンは脂の多いジューシーなものがよいでしょう。口の中で素晴らしい反応が起こりますよ。

次にチーズですが、普通ピザに使うのは、色々なチーズが含まれている「シュレッドチーズ」などを使うことが多いですが、それにプラス、グリュイエールチーズやエメンタールチーズがあれば少し加えてください。濃厚な香りがワインを呑まずにいられなくなります。

最後に野菜はオニオン、コーンなど様々なものを使うと思いますが、ピーマンは忘れずに!ソーヴィニヨン系のワインには青臭い香りが出てきます。青系の野菜との相性は抜群です。

本来ピザとワインは仲間とわいわいしながら食べ、呑むものだと思っていますが、そこにも一工夫を加えることで、より一層食事を楽しむことができるようになると思います。
ぜひお試しください。

SakeWineLover

20年ほど前に訪れたフレンチレストランにて一流のソムリエのサービスを受けて、ワインと料理を一緒にいただくことでの相乗効果に魅了される。ワインだけではなく、日本酒や焼酎、リキュールなど、地域に根差したお酒と世界各国のパンとのペアリングを常に模索しています。 好きなワインはパワフルなオーストラリアワイン、繊細なフランスワイン。最近は日本ワインについてもパンとの相性を深く探っています。 ワイン講師やレストランへの酒類全般のプロデュースを行ない、出張ワイン会などを企画開催しております。このコラムをきっかけに、パンとお酒のペアリングを色々な角度から検証してまいります。

あわせて読みたい

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ツールバーへスキップ